i-learn.jpについて

このサイトi-learn.jpは、国際大学GLOCOM/主幹研究員・准教授の豊福が、教育情報化に関する研究活動の一環として1995年から運用しています。

教育情報化は授業でのICT利活用に限った話ではありません。無理のない普及と十分な効果を得るには俯瞰的な視点と総合的なアプローチが必要です。国際大学GLOCOMでは、教育現場と広範なステークホルダ(地域・行政・企業・研究)をつなぐ結節点として実践的かつユニークな取組みを続けてきました。このサイトでは、これまでのプロジェクト成果とあわせて、現在進行中の議論検討の過程をご紹介します。

研究委託・講演・研修のご相談は、管理人プロフィールの連絡先までお問い合わせください。

【おしらせ】学校サイト検索・巡回休止についてのおわび

ICT脱教具論

海外の1:1/BYODをはじめとした各地の事例をもとに、21世紀型の教育に求められる学習者中心の文具的情報環境について検討します。

学校広報

学校ホームページを中心とした日常的積極的な情報発信で、保護者・地域との信頼関係形成を行います。

ともしびプロジェクト

自治体・文部科学省からの委託を受け、震災被災地学校からの情報発信活動支援を展開しています。