ある日のB君の授業


Tweet about this on TwitterShare on Facebook

対になるストーリー「ある日のA君の授業」はこちら

小5のB君は自宅で昨日届いた先生からのメールを見ながら、今日はスマホを持って行くか、ノートPCを持って行くかで迷っている。荷物が重くなるのは嫌だけど、レポート課題の宿題はスマホじゃこなせない。結局両方持っていく事にしたよ。

いつもの事だけど、今日の授業課題と指示は先生からのメールに全部書いてある。昨日話し合ったテーマについてインターネットで調べ、ペアでレポートを書かなくてはいけない。先生は「今日やることはメールを見てね。出来上がったらチェックリストで確認をするように。作業に時間がかかるから、さっそく始めましょう」と指示。B君は自分のノートPCを開き、友達のC君は備え付けのカートから1台借りてきて準備OK。

調べ物は文書を2人で共有して同時並行作業。要点がまとまらないから先生に尋ねてみてはヒントをもらうけど、悶々と考えたまま過ごすと授業時間内に終わらないよ。中身をすっきりまとめるのに、いったんPCにまとめかけた事を付箋に書き出して整理してみた。手を動かすと頭の整理になるね。

だいたい出来上がったところで、先生が送信したチェックリストで出来映えをC君と確認してみる。「この記事はちょっと古いんじゃない?」と言われたので、他の記事に差し替えて「うん、だいたいOKだね」。授業時間内に相談しておくところはだいたい出来たから、先生も共有先に加えて、あとは家のPCで仕上げをやろう。

授業が終わった後、先生は途中のレポートをざっと読んでオンラインのコメントを付けてくれる。レポートが合格すると本にまとめてくれるんだって。楽しみだな。

B君のストーリーの情報環境・運用仕様と展開上の課題はこちら。