Category: ICT脱教具論


学習環境条件と教養/文化財

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第9弾をお届けする。 今回は1~8弾で扱ったICT親和性項目以外のICT関連項目について(その1)。 家庭学習環境(ST001) ST001Q01~16は家庭学習環境について尋ねる項目だ。回答は2択(Yesある/Noない)、質問群の回答国/地域は72である。内容構成は次の通り。 ST011Q01TA In y […]


ICTに対する意識は世界最低

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第8弾をお届けする。ICT親和性項目の内訳と本稿の内容は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か) IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 IC003 初めてコンピュータを使った年齢 IC004 初めてネットアクセスした年齢 IC00 […]


PISA2012/2009と比較してみると

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第7弾をお届けする。ICT親和性項目の内訳と本稿の内容は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か) IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 IC003 初めてコンピュータを使った年齢 IC004 初めてネットアクセスした年齢 IC00 […]


学びにICTを活かせない日本

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第6弾をお届けする。ICT親和性項目の内訳と本稿の内容は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か) IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 IC003 初めてコンピュータを使った年齢 IC004 初めてネットアクセスした年齢 IC00 […]


情報環境の各国特徴を大雑把につかむ

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第5弾をお届けする。ICT親和性項目の内訳と本稿の内容は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か)←今回もこれ IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 IC003 初めてコンピュータを使った年齢 IC004 初めてネットアクセスした年 […]


情報機器環境はもはや後進国

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第4弾をお届けする。 ICT親和性項目の内訳と本稿の内容は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か)←今回はこれ IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 IC003 初めてコンピュータを使った年齢 IC004 初めてネットアクセスした […]


日本のネット利用時間は意外に少ない

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第3弾をお届けする。ICT親和性項目の内訳と本稿の内容は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か) IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 IC003 初めてコンピュータを使った年齢 IC004 初めてネットアクセスした年齢 IC00 […]


日本の幼児はICTに触らせてもらえない

2016/12/6に発表されたOECD PISA2015の【ICT親和性項目】の分析・考察第2弾をお届けする。ICT親和性項目の内訳は次の通り。 IC001 家庭の情報機器環境(利用するか否か) IC009 学校の情報機器環境(利用するか否か) IC002 初めてデジタルデバイスを使った年齢 ←今回はこれ IC003 初めてコンピュータを使った年齢 * IC004 初めてネットアクセスした年齢 * […]


日本の15歳のICT利用像は仲間内のチャットとおひとりさまゲーム?

2016/12/6にOECD PISA2015の結果が公表され、メディアは学力各領域の順位が上がった下がったで大騒ぎだが、PISA2015で注目すべきは学力テストばかりではない。実は学習環境に関わる項目も国際比較の社会調査としては貴重なソースだ。特に、教育情報化に関わる者として見逃せないのは【ICT親和性項目】で、47カ国*1分約50万件のデータが含まれている。 ICT利活用から考えると学力との相 […]


概念獲得にはやっぱり具体物操作が必要?

前回のポストに続いて、これは小金井市立前原小学校・小学校5年生の授業研究その2。 あらかじめお断りしておくが、私は教育工学・教育方法論の一環としてICTを扱う者なので、いわゆる授業研究のプロではない。教科学習論的にはおそらくツッコミどころ満載だと思うが、そこは別途コメントいただくとしよう。 ICTで学習を制御するアイデアは1960年代にさかのぼるのだが、その目的が「学習の個別化」であったことは言う […]


授業支援システムは子どもの文具になれるか

松田孝校長とのやりとりを通じて、このたび小金井市立前原小の授業研究に関わることになった。1回目の授業は10/12、小5算数「体積」の1時間目でiPadを用いたもの。この記事は主にICTの部分のメモに基づいている。 用いたアプリはスクールタクトで、タブレットと電子黒板で情報共有を行う授業支援システムのひとつ。一斉授業でタブレットを用いて児童の解答を集約をする典型パターンによく登場する。そして、僕自身 […]


日本の授業研究は即興劇のシナリオ検討?

僕は心理学を背景として教育とICTとの関係を広く見る事を得意としているので、日本の支配的な授業研究方法については客観的・第三者的に見ているところがある。研究者の端くれとして、専門の領域ど真ん中ではない事についての考察はあまり公にしないのだが、実はそうも言っていられない状況になりつつあるので(それは追々)、これまで考えてきた事を少し言葉にしておきたい。 さて… 日本の授業研究は、教員の設問・問答によ […]


GLOCOM OPINION PAPER 2016_No3 「学校運営改革の動向とその行方」

日本や世界が抱える課題と社会の未来について、幅広い分野にわたり、OPINION PAPERという形でGLOCOM独自のメッセージを伝えてまいります。 OPINION PAPER OPINION PAPER 第三弾では、我が国の学校運営改革の動向をテーマとして取り上げました。2000年前後から我が国では様々な取り組みが試行されていますが、例えば、大阪市の民間人校長登用などが大々的に報道される以外、一 […]


じゃがいも料理だっていろいろある

かつてアラン・ケイがコンピュータを「ファンタジー増幅機」と表現したように、ICTそのものに特定の色(利用目的)は付いていない。ただ、教育のICT活用は、30年前から強烈な色が付いているように見せつけるのが流行ったせいで、今でも基本そのままだと学校現場では理解されている。 例えるなら、それは「じゃがいもはカレーに入れるモノだ、他の食べ方は認めない!」みたいなもの。すると今度は反動で、カレー嫌いになっ […]


どうなる学校のプログラミング教育

2016年6月18日(土) 16:00〜19:00 わるだくみ(^^;)6月会を開催いたします。本企画はプ会6c(プログラミングと教育研究会)とのコードシェア企画です。 文科省有識者会議での議論をうけ、今後の小中高でのプログラミング教育の方向性を探ります。 会場:電気通信大学 (最寄り駅:調布) 西10号館2F233大会議室 東京都東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 費用:無料(懇親会は別途徴収します […]


B君の先進国型ICTモデル

B君のストーリーのベースになっているのが先進国型学校ICT活用モデルです。フィンランド・デンマーク・スウェーデンあたりを想定しています。 1. 情報環境 【1.1提示装置】電子黒板・プロジェクタは全教室固定常設で、一部教室では黒板はなく電子黒板のみになっています。 【1.2学習者端末】学習者端末としては児童生徒の個人機材の持ち込み(BYOD[1])を奨励し、持ち込みしない子には学校が機材を貸与しま […]


ある日のB君の授業

対になるストーリー「ある日のA君の授業」はこちら 小5のB君は自宅で昨日届いた先生からのメールを見ながら、今日はスマホを持って行くか、ノートPCを持って行くかで迷っている。荷物が重くなるのは嫌だけど、レポート課題の宿題はスマホじゃこなせない。結局両方持っていく事にしたよ。 いつもの事だけど、今日の授業課題と指示は先生からのメールに全部書いてある。昨日話し合ったテーマについてインターネットで調べ、ペ […]


A君の日本型ICTモデル

A君のストーリーのベースになっているのが日本型学校ICT活用モデルです。 1.情報環境 【1.1提示装置】電子黒板・プロジェクタは仮設可動式の数台を全校で共有します。 【1.2学習者端末】10インチ型キーボード脱着型タブレットを40台一括導入したほか、リース切れの古いPCが数台特別教室と図書室に設置されています。導入に伴ってPC室が廃止されたので、充電カートに40台のタブレットを収納し、一般教室に […]


ある日のA君の授業

対になるストーリー「ある日のB君の授業」はこちら 小5のA君は教材準備室の隅に真新しいタブレット・カートを見つけて心ときめいている。「先生はどの授業で使わせてくれるだろう?」。家のパソコンはお父さんのものだし、扱いが難しいし、勝手に使えないけど、新しいタブレットなら指やペンで操作するのは簡単だから、勉強でもきっと上手く使えるさ。 さて、半年経ってタブレットの事もすっかり忘れていたA君に「タブレット […]