AI時代の子育て奮闘記

体も動かせてものづくりもできちゃう公園ーわんぱく天国@押上に行って来た

こんにちは。
小さな鍋でそうめんを無理やり茹でたら
そうめんが燃えてしまった教育ヲタ母です。
にがー(=A=*)

さて先日、東京の墨田区押上にある公園「わんぱく天国」に行って来ました。公園でありながら、無料で木工工作ができちゃう素敵な公園をご紹介します。
 

1.わんぱく天国ってどんなところ?

押上スカイツリー駅から15分ほど歩いたところにある公園「わんぱく天国」はどなたでもいける公園です。しかし、普通の公園にはないおもしろい施設があります。

その公園の施設をご紹介します。

まずこちらはわんぱく天国の入り口の写真です。いきなり砦のような入り口があり入るのに一瞬躊躇してしまいますが誰でも入っていい公園です安心して入りましょう。

​この砦自体も優遇になっていて、裏側から登って遊ぶことができます。
 
公園内には小高い丘がありま。丘を貫通する小さなトンネルがあり、くぐって遊んだり、かくれんぼ中の子供たちが隠れたりしています。他の向こう側には、ターザンロープなどの遊具があります。

園内には車の乗り物のおもちゃがあり乗り物でお顔滑ったりして遊んでいる子たちもいました。
 
訪れた日は夏の終わりだったので、稲を育てているスペースに収穫した稲が干されていました。
稲のほかにも、園内ではいろいろな植物が育てられていました。木や作物には名前が書かれたプレートが貼ってあるので、植物の名前を見つける遊びも楽しかったです。

 

2.わんぱく天国の目玉、木工室!

​先ほど紹介したところだけでも充分楽しめるのですが、わんぱく天国で最もすごい施設がこの木工室です。なんと無料で木工工作ができちゃいます。

 
材料の木材も無料です!木材が置いてあるところから、好きな板や棒を選び、釘を打ったり、ボンドを使って貼り付けたりして工作を行うことができます。
 
作り方で困ったり、道具の使い方がわからないときはプレイリーダーと呼ばれるボランティアの方に相談することもできます。ノコギリや金槌といった道具を使って子供たちは思い思いにいろんなものを作っていました。

 

3.ここでもマイクラが生きる

​この日うちの息子が作ったのがこちらの2つ。マイクラの剣とツルハシだそうです。

普段からマイクラでものづくりをしているので、いきなりものづくりの場所を訪れても困りません。「そういえばマイクラでアレが作りたかったなぁ」と思ったものを実際に作ってしまいます。

 

4. わんぱく天国のまとめ

​無料でいろんな遊びができるわんぱく天国。公園遊びがあまり好きでは無いうちの息子でしたが、この日はたっぷり公園で遊ぶことができました。
スカイツリーも近いので、帰りにはスカイツリーでお買い物にもいけますよ。東京近郊にお住いの方、ぜひわんぱく天国、チェックしてみてください。

▼公式サイト
http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/kosodate/wanpaku.html

住所:押上一丁目47番8号
電話:03-3612-1456(受付時間は利用時間と同じ)
交通:京成線・都営浅草線・東武線・東京メトロ半蔵門線「押上」駅B3出口から徒歩5分
   最寄のバス停は都営バス「押上三丁目」「十間橋」

伴野悠佳 / YUKA TOMONO
この記事の著者伴野悠佳 / YUKA TOMONO
教育ヲタクの1児の母。自称ニコニコキッズクリエーター。東京理科大学大学院卒。元SE。小学生の頃から教育書を読んでいた教育ヲタク。大学では、電池の素材の性質について実験とコンピューターシミュレーションを比較する研究を行っていたことがきっかけでSEになる。出産&育休後、子ども向けプログラミング教室講師、子どもたちの考える力を育てるオンライン塾の講師。