AI時代の子育て奮闘記

配車アプリMOVでタクシー代¥1,500がもらえちゃう!?ーAI時代のタクシーサービス

昨日みなとみらいに子供と遊びに行ってきました。
通りかかったタクシーに施されたラッピングには「AI運行バス」「無料」という文字が!?
AIを使ったサービスが無料でつかえる時代なのか・・・と感慨深かったです。

と言うわけで、今回はAI時代のタクシーサービスの話をご紹介したいと思います。

1. 配車アプリ「MOV」で0円タクシーが呼べる!

タクベルというアプリが、新たに「MOV」と名前を変えてリニューアル。今、行われているキャンペーンがすごいんです!

(1)0円タクシー(どん兵衛タクシー)を呼べる

このMOVを使うと、日清がスポンサーとして運行しているどん兵衛タクシーを配車することができます。しかも料金は0円で、どん兵衛までもらえちゃうとか。

画像:DeNAプレスリリースより

今はとっても人気で(当たり前ですが)捕まりにくくなっているようです。ですが、この第1弾のモデルが成功すれば、別のスポンサーがついて、0円タクシーが増える可能性があります。今後の期待を込めて、MOVを応援したいと思ってしまいました。
MOV頑張れ!
 
以下、0円タクシーの詳細情報です(DeNAプレスリリースより)

期間 2018年12月5日(水)13:00~12月31日(月)22:00
各日7:00~22:00
走行台数 50台
配車可能エリア 渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近
運行可能エリア 東京23区全域
配車方法  期間中、対象エリア内で「MOV」アプリの「タクシー会社」をタップし、「0円タクシー by 日清のどん兵衛」が乗車可能範囲内であれば指定して配車依頼。
「タクシー会社」指定機能を使わない場合でも“ツキ”があれば近くの「0円タクシー by 日清のどん兵衛」が配車される場合がございます。
乗車特典 ・目的地までの利用料金(迎車料金+運賃+有料道路通⾏料)が無料
・12月26日(水)~31日(月)限定で、「日清のどん兵衛 天ぷらそば」をおひとり様1つプレゼント
適用条件および注意事項 ・利用料金が無料になるのは、目的地が東京23区の場合に限られ、それ以外の場所に行く際には迎車料金を含め全額を通常通りお支払いただく必要があります。また、経由地の指定や、途中での待機は受けられません。
・アプリ経由以外での「0円タクシー by 日清のどん兵衛」には乗車できません。
・各日7:00~22:00までに配車依頼が完了した場合、キャンペーン対象となります。

 

(2)今だけ!タクシー代¥1,500に使えるクーポンがもらえる

MOVでタクシーを呼んでタクシー代をネット決済する場合に限られますが、合計¥1,500のクーポンがもらえちゃいます。これはお得!

実際にMOVをインストールしてみると、まずインストールするだけで自動的に1000円分のクーポンがもらえます。さらにキャンペーンコードを登録することで追加で¥500円のクーポンをもらえちゃえました。

クリスマス前までに使いたいと思います^ ^

(3)ママ目線のMOV残念ポイント

「子供を早く病院に連れて行きたい!」「保育園からの呼び出しで、職場からすぐ帰りたい!」というときなど、
・毎回決まった場所から
・一刻も早く
タクシーを呼びたいですよね。

なので、良く使うタクシー呼び出し場所を登録したいのですが、残念ながらMOVには登録機能がありません。

あとは、「タクシーが停車できる位置を指定する」という方法になっているのですが・・・車を運転しない人にとっては、どこが停車しやすい場所なのか良くわからなかったり。(それでタクシーの運転手さんに、チクチクいわれると嫌な気分になりますよね。)

呼び出しポイントの登録や、タクシー停車場所の提案機能などが追加されるといいかなと思いました。今後に期待したいと思っています。

またMOVは今後AIを活用して、効率的に配車するしくみを検討しているそう。AIと共生する時代はもう始まっているんですね。

2. みなとみらいのAI運行バス(期間終了)

残念ながら、本日(2018/12/10)で終了となってしまいますが、みなとみらい地区では観光施設を回れるAI運行バスが走っています。

バスといっても、実際に走っているのはミニバン型のタクシー。利用料金が無料なのです。

(1)普通のバスと何がちがうの?

普通のバスは、時間が決まっていて時間になるまでバスをまたなければいけないですよね。バスの待ち時間って、子供が「まだなの?」「いつくるの?」としつこく聞いてきたり、並ばずに走り回ったりと、イライラがたまります。

でも、このAI運行バスはアプリでバスを必要な時にバス停に呼べちゃうんです!なんて便利なんでしょう。

(2)ママに嬉しい乗降ポイント

しかもバス停に相当する「乗降ポイント」が、
・横浜アンパンマンこどもミュージアム
・横浜港大さん橋
・横浜みなとみらい万葉倶楽部(カップヌードルミュージアムが近いです)
・みなとみらい線の主要駅

など、子供づれでいきたいところにあるのが嬉しいです!

(3)ママ目線のAI運行バス残念ポイント

どのサービスにも共通することですが、独自のアプリをいちいちインストールしなければならないという点が煩わしいですよね。

観光スポットをめぐるためだけに、アプリを入れるのはちょっと手間かなぁと。あとは乗車チケット(乗車券付きのリーフレット)をもらわなければいけないなど、乗車するまでにクリアしなければならない課題が多いと思いました。

こういった課題をクリアした上で、また再開してほしいと思います。

3. ママに嬉しいAI時代のタクシーサービス まとめ

日本以外の他の国では、Uberに取って代わられ姿を消しつつあるタクシーサービス。日本のタクシーサービスも、生き残りのために新たなサービスを生み出そうと必死なようです。

0円タクシー、AIタクシー、自動運転タクシーなどこれからたくさんのタクシーサービスが登場すると思います。新たなサービスがはじまる時には、大幅な割引などがありお得にタクシーをつかえることができますので今後こういったサービスを注目しているといいかもしれません。

ただ、タクシーを使いたい子連れママやシニアにとっては、結構残念なポイントがあり、そこを改善していってほしいなぁというのは感じました。
今後に期待したいと思います!

伴野悠佳 / YUKA TOMONO
この記事の著者伴野悠佳 / YUKA TOMONO
教育ヲタクの1児の母。自称ニコニコキッズクリエーター。東京理科大学大学院卒。元SE。小学生の頃から教育書を読んでいた教育ヲタク。大学では、電池の素材の性質について実験とコンピューターシミュレーションを比較する研究を行っていたことがきっかけでSEになる。出産&育休後、子ども向けプログラミング教室講師、子どもたちの考える力を育てるオンライン塾の講師。