子どもプログラミング

Visucuit(ビスケット)講座 応用編- Visucuitで足し算の計算機を作ろう

こんにちは。先月に引き続き、今月も熱を出した教育ヲタ母です。
夜中になると、子供が怯えたように私の顔から何かを振り払おうとするのです。私は目に見えない何かに取り憑かれているんでしょうか・・・・(汗)
今日も全身の関節が痛くて頭が働きません。
 
そんなわけで今日もViscuitで遊んでみたいと思います。体調が悪い時はViscuitで遊ぶのが一番です。
 

1. 足し算計算機の基本的な考え方

前回の記事で作った2進数カウンターを2段にして、上の段と下の段を足したら足し算ができるはず!

基本形は上の図のような感じです。
 
何かの「きっかけ」で上の段のまるが、下の段におりてくるしくみを作ったら良さそうですね。
では、実際に作ってみましょう。
 

2. Visucuit(ビスケット)で足し算の計算機をつくろう

この作品は
 ひとりでつくるで作ります。(みんなでつくるでは動作しません。)
 方眼紙モードで作ります。
 
方眼紙モードについては以下の記事を参考にしてください。
http://i-learn.jp/article/3895
 

2-1. 部品(絵)を作る

最初に部品を作ります。こんな感じの部品を用意しました。

 
部品はこのように並べます。(数字はわかりやすくするためのものなので、あってもなくてもどちらでもいいです。)


 

2-2. 「きっかけ」をつくる

次に、メガネをこのようにつくります。

 
こうすることで、プラスの絵が上の段の二重丸からバツの間を、右から左へ動きます。

※動かすためには、タッチ画面で操作してみてください。
 
つぎにこのようなメガネをつくります。これで上の段のまるが下の段に移動します。

 
最後に、2進数の桁があがるメガネをつくりましょう。

 
ここまでできたら、タッチ画面できちんと動くか確認します。
最初の状態はこうです。上の段が5、下の段が11で 「5+11」の計算をします。


二重丸のマークをタッチすると・・・計算が行われて最終的に次のような状態になりました。答えは「16」です。あってますね!

 

3. 便利にする

最後は、いろいろな数の計算ができるように、改造します。
ステージの上から、まるの絵を取り去り空にしておきます。

 
つぎに、しかくをタッチするとまるが出てくるメガネをつくります。これで、自分の好きな数の足し算ができますね。

 
こんな計算をしてみます。「15+15」です。まるが何重にも重なりそうで、バグがでそうです。大丈夫でしょうか・・・?

 
結果はこちら。

無事に答えが30になりました!
 

4. Visucuitで足し算の計算機を作ろう まとめ

今回は、前回の応用で足し算の計算機を作ってみました。足し算は結構簡単だったと思います。
 
掛け算、引き算、割り算は難しそうですね・・・気が向いたらチャレンジしてみたいと思います。

伴野悠佳 / YUKA TOMONO
この記事の著者伴野悠佳 / YUKA TOMONO
教育ヲタクの1児の母。自称ニコニコキッズクリエーター。東京理科大学大学院卒。元SE。小学生の頃から教育書を読んでいた教育ヲタク。大学では、電池の素材の性質について実験とコンピューターシミュレーションを比較する研究を行っていたことがきっかけでSEになる。出産&育休後、子ども向けプログラミング教室講師、子どもたちの考える力を育てるオンライン塾の講師。