子どもプログラミング

Visucuit(ビスケット)講座 応用編- Visucuitではらぺこあおむしタイマーを作ろう

こんにちは。新元号が発表されましたね。
テレビで「新元号、新元号」と連呼するのを聞いていた息子。「しんげんごー、ってポケモンGoみたいなゲームのこと?」と言っていました。
 
さて、今日はビスケットでタイマーを作ってみたいと思います。
 
その前にこれまでのViscuitシリーズをまとめておきます。
 
基礎編
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(1)
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(2)-アイコン解説 ランド
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(3)-アイコン解説 タッチ
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(4)-アイコン解説 絵が増える
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(5)-回転
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(6)-タッチすると
Visucuit(ビスケット)講座 入門編(7)-ぶつかると
 
計算機シリーズ
Visucuitで2進数を勉強しよう
Visucuitで足し算の計算機を作ろう
Visucuitで掛け算の計算機を作ろう(1)
Visucuitで掛け算の計算機を作ろう(2)
Visucuitで掛け算の計算機を作ろう(3)
Visucuitで掛け算の計算機を作ろう(4)
 

1. 参考にしたのはLITALICOのねずみタイマー

「ねずみタイマー」というアプリをご存知でしょうか?LITALICOが開発した、小さな子でも時間が視覚的にわかるアプリです。
 
我が家ではこのタイマーが大活躍。
「あと何分でお風呂に入る?」
「あと何分でお支度できる?」
子どもと約束する時には、必ずこのアプリで時間を測ります。

 
まずはこのアプリをダウンロードして、どうやったらViscuitで実装できるか考えてみてくださいね。
できれば自分で何も見ないで作ってみるといいと思います。(小学三年生ぐらいならできるかも?)
 

2. Viscuitではらぺこあおむしタイマーを作ろう

ねずみタイマーのねずみさんは、絵を描くハードルが高かったので簡単にかけるあおむしでタイマーを作ります。はらぺこあおむしも、おはなしの中でりんご食べますし。
 
この作品も
 ・ひとりでつくるで作ります。(みんなでつくるでは動作しません。)
 ・方眼紙モードで作ります。
 

2-1. 設定はこちら

まずは方眼紙モードの設定に加え、スピードと背景の色を変えておきます。


 

2-2. 部品の準備

部品(絵)はこんな感じです。りんごがどんどん減っていくのを数個の絵で表現しましょう。

 
似たような絵を書きたい時は、お絵かき画面で前に書いた絵をタップします。
すると、前に書いた絵と同じ色が使えます。またタップした絵が薄く表示されるので、なぞれば同じ大きさで絵がかけます。

 
そしてステージには、食べられる前のりんごを並べます。


 

2-3. メガネを作る

まず、タップしたらあおむしが現れてタイマーがスタートするようにします。
そして、あおむしが伸びたり縮んだりするごとに、りんごがかじられていくようにします。

このあとも、描いたりんごの分だけメガネを作りましょう。(図は割愛します。)
 
最後は、隣にりんごがあればあおむしが移動するようにします。

 
これで完成です!動画はこちら。

 

3. Visucuitではらぺこあおむしタイマーを作ろう まとめ

今回はねずみタイマーをパクって、タイマーを作りました。
他のアプリやゲームなんかも、「これ、ビスケットで作れないかな?」と考えるとアイデアが浮かぶかもしれません。ゲームは、コンピューターゲームでなくてもOK。ペグソリティアというボードゲームをViscuit開発者のはらだ博士は作っていました。
 
今回の作品のリンクはこちらです。
https://develop.viscuit.com/env/view.html?control=play%3A00300013%3A7887%2F1-1%2F011.json%3A
※PCのみ
 

伴野悠佳 / YUKA TOMONO
この記事の著者伴野悠佳 / YUKA TOMONO
教育ヲタクの1児の母。自称ニコニコキッズクリエーター。東京理科大学大学院卒。元SE。小学生の頃から教育書を読んでいた教育ヲタク。大学では、電池の素材の性質について実験とコンピューターシミュレーションを比較する研究を行っていたことがきっかけでSEになる。出産&育休後、子ども向けプログラミング教室講師、子どもたちの考える力を育てるオンライン塾の講師。