blog


ある日のA君の授業

対になるストーリー「ある日のB君の授業」はこちら 小5のA君は教材準備室の隅に真新しいタブレット・カートを見つけて心ときめいている。「先生はどの授業で使わせてくれるだろう?」。家のパソコンはお父さんのものだし、扱いが難しいし、勝手に使えないけど、新しいタブレットなら指やペンで操作するのは簡単だから、勉強でもきっと上手く使えるさ。 さて、半年経ってタブレットの事もすっかり忘れていたA君に「タブレット […]


教育ICT常識の嘘 #2「IT活用指導力」

教育情報化政策におけるIT活用指導力の養成は世界共通の課題だ。ICTで教えるにはスキルを要する、というシンプルな考えに基づいている。文科省の実態調査を見ると指導力は年を追う毎に向上しているように見える。   文科省定義でIT活用指導力はA~Eの5分類。年次推移グラフで注目すべきはH23以降B(授業中にICTを活用して指導する能力)とC(児童のICT活用を指導する能力)が入れ替わっている点 […]


教育ICT常識の嘘 #1「まずコンテンツが必要だ」

「教育ICTには教材コンテンツが必要」は教育ICTに仕掛けられたブラックホールの罠かもしれない。与えるコンテンツにこだわるほど、予算や稼働は際限なく吸い込まれるが、学習の形態が変わらない限り、顕著な教育成果は得られない。さらに、コンテンツへの依存は教員や学校の立場を危うくする。   一斉授業×ICT×提示コンテンツは素人目にも分かりやすいし、教員側は教え方を変える必要がないから導入も比較 […]


学習者端末をデジタル教科書というな

一斉指導の提示教材文脈で、電子黒板と学習者版デジタル教科書の活用を考えている人は、学習者側の情報端末の議論に入ってこないで欲しい(ちなみに筆者の学習者端末に対する基本的な考えはこちら)。 何度でも繰り返すけれど、一斉指導前提である限り、学習者は手元で余計な事をするし、場面統制しようと頑張るほど教師負担は増える。一斉指導と学習者側ICT利活用は相性が悪い。     一斉指導の基本 […]


水の出ない蛇口

自治体や学校に大規模な最新情報端末の導入が決まればたびたびニュースになる。でも、それで子どもたちの学びが豊かになるかといえば、そんなに世の中甘くない。真新しいタブレットや電子黒板は、実は「水の出ない蛇口」かもしれない。今回は情報環境に着目して少し述べてみたい。   タイトルのような経験は、ちょっと不便な土地に行けば普通に経験することだ。世界中で水道水をそのまま飲める国はごくわずかに過ぎな […]


学校広報の新刊が出ました

自ら語れば学校はもっと愛される -学校広報の視点から学校ホームページを考える   愛される学校づくり研究会、および、当i-learn.jpのブログでもたびたび掲載してまいりました学校広報・学校ホームページに関する記事が1冊にまとまりました。2016/2/1発売です。Amazonでご案内しております。 体裁:A5版変形/152ページ ISBN978-4-905111-10-8 1500円+ […]


智場「子どもの未来と情報社会の教育」

当研究所の機関誌「智場(ちじょう)」#120の特集号「子どもの未来と情報社会の教育」が発刊されました。私、豊福が責任編集ということで企画編集を担当しております。制作にあたり、出稿・ご協力いただいた皆様にあらためて御礼申し上げます。 Amazonは本日1/31よりご案内中です。こちらからお求めください。 目次は次の通り、 教育の未来を考える ――主体的な学びが21 世紀の人間をつくる 豊福晋平 ×  […]


学校ホームページ評価 E(Expart)項目

学校ホームページ成長段階の第3段階「説得と協働」以上に該当するチェック項目をE(Expart)項目としています。Nレベルとの関連項目がいくつかありますので、チェックの際は留意してください。     ・E01 保護者向け届出・申請文書のダウンロード ・E02 図書・保健関連の情報 ・E03 HP運営方針・運営体制 ・E04 前年度以降の主要行事の特集 ・E05 教育目標・経営方針 […]


E16 RSSの配信

評価 0:なし 1:あり 解説 学校サイト全体の更新履歴が機械的に読み取れるようになっていますか? RSSはそのための仕様です。大半のブログやCMSには備わっている機能です。   条件/レベル Eレベル・O(運用)


E15 学校ホームページの独創性と完成度

評価 0:全体量が少ない・表面的・ありきたり 1:運用上の努力が認められる 2:他学校や一般利用者にとって有益 3:HPの目標になるほど完成度が高い 解説 他の学校サイトと比較した場合にどの程度の独創性があると判断出来ますか? 他の学校との比較した場合、どの程度の位置付けにあるのかを問うていますので、自校のホームページだけでは評価できません。受賞事例や近隣の学校を参照しながら検討してみましょう。 […]


E14 学校生活の楽しさが伝わる

評価 0:まったく伝わってこない 1:一部伝わるページがある 2:サイト全体の一貫したテーマになっている 解説 学校生活の「楽しさ」がサイト全体から伝わりますか? 学校にとっては演出したいイメージがあるはずで、児童生徒・保護者にとっては通って楽しい場所であることがかなり重要なポイントになります。 サイト全体が作り出すイメージや雰囲気について評価しますが、具体的にはデザイン・レイアウト・内容それぞれ […]


E13 トップページの ビジュアルとテキストのバランスがよい

評価(ルーブリック評価) ・ビジュアル表示がスムーズで閲覧の妨げにならない ・読みやすさを高めるために配色や文字レイアウトに工夫がある ・トップページの情報量が概ねA4・2枚程度に収まっている ・過度の装飾やアニメーション等がない 0:該当なし 1:該当1個 2:該当2個 3:該当3個以上 解説 トップページのデザインを問う項目です。 学校ホームページはデザインよりも機能性が求められるので、企業サ […]


E12 コメントの受け入れ・スパムの有無

評価 0:コメントは受け付けない・表示なし 1:コメントを受け付けている・表示あり 2:コメント管理が適切(スパムや荒らしがない) 解説 掲示板やブログで利用者からのコメントを受け付けていますか? 学校ホームページにコメントを受け入れるのはなかなか勇気のいることですが、支持的なコメントが得られるメリットがありますし、荒らしが起こる確率はあまり高くありません。コメントを受け入れる場合は運用者側の承認 […]


E11 前年度以前の記事・情報の蓄積

評価 0:前年度以前の情報はない(沿革をのぞく) 1:情報はあるが、整理されていない 2:利用者が容易に過去にさかのぼれるように、ナビゲーションや見出しに工夫がある 解説 過年度の記録が掲載されていますか? 単に年度ごとにまとめられているだけなら1、リンクや編集に工夫がなされている場合は2をチェックします。 条件/レベル Y(期間限定)・Eレベル・U(詳細)


E10 保護者・地域の参加や情報発信活動

評価 0: なし 1: 保護者・地域の声が掲載されている 2: 保護者が情報発信活動に参加している 解説 保護者や地域の方が学校ホームページの活動に参加していますか? 保護者や地域の声はアンケート結果の自由記述欄等にあります。保護者の情報発信参加はPTAブログなどのケースがあります。 情報の形式については特に問いません。 条件/レベル Eレベル・P(保護者地域) 関連項目 N10・N11


E09 児童生徒の参加

評価(ルーブリック評価) ・児童が作成した画像・素材がサイトに多く用いられている ・児童による学校紹介・委員会クラブ活動紹介の記載 ・学校日記など児童がほぼ毎日更新するブログやページがある ・他学校の児童とブログや掲示板で交流活動を行っている 0:該当なし 1:該当1個 2:該当2個 3:該当3個以上 解説 児童生徒が学校ホームページの活動にどの程度参加しているか、N01をさらに詳細に評価する項目 […]


E08 前年度以降の教育研究

評価 0:なし 1:前年度以降の計画・研究会告知などがある 2:前年度以降の成果(指導案・報告書・教材等)がある 解説 教職員の技能向上と授業改善を目的とし、校内研修や発表大会が行われることがあります。これらの行事がレポートされていますか? 教育研究は保護者や地域とは直接関わらない領域ですが、学校の重要な取り組みであることにはかわりありません。指導案などの資料が大量に発生するのですが、全部印刷資料 […]


E06 校長の教育姿勢

評価(ルーブリック評価) ・今年度の校長氏名・写真等が明示されている ・校長名の文書(たより)や記事(校長ブログ)において、経営方針や教育姿勢が明快に示されている ・週に1度以上校長からのメッセージが掲載されている ・保護者が読んで理解できるように平易に書かれている 0:該当なし 1:該当1個 2:該当2個 3:該当3個以上 解説 管理職の教育方針・教育姿勢が明らかにされていますか?それは誰にとっ […]


E05 教育目標・経営方針

評価(ルーブリック評価) ・教育目標やグランドデザインの全体が図で示されている ・具体的目標が示されている(状態や数値) ・保護者が読んで理解できるように平易に書かれている ・学校評価との関連性が明記されている 0:該当なし 1:該当1個 2:該当2個 3:該当3個以上 解説 学校の教育目標や経営方針は明確に示されていますか? 普段は注目されない組織経営情報ですが、全員に印刷して配布する必要はない […]