おすすめ子供プログラミング教材子どもプログラミング

ゲームで遊んで論理演算がわかる「トライビットロジック」

コンピューターの仕組みを知りたい!といろいろ探しているうちに出会ったゲーム「トライビットロジック」。
以前に、ちらっと紹介したことがあるのですが改めてご紹介いたします!

 

1. トライビットロジックはこんなゲーム

iOS,Androidでプレイできる論理演算をパズルゲームで理解するゲームです。
論理演算を駆使して、「バグ」を倒すゲーム!無料で128問のゲームが体験できるのでとってもお得!
 
・パズルモード
・ディフェンスモード
の二種類のモードで遊べるので全然飽きません!
 
▼パズルモードはこんなに問題がたくさん

 

1-1. パズルモードでじっくり考える

パズルモードは、パネルを動かして重ねると論理演算が行われます。これらを動かしてバグの数字を「0000」または「1111」にすれば、バグを倒すことができます。


 
論理演算の説明もあるので、安心。

 
でも…後半はこんなに難しい。大人でもなかなか解けませんー(汗)

 

1-2. ディフェンスモードはスピード勝負

ディフェンスモードは、画面の右側から左側へとバグがどんどん流れてきます。そのバグたちに論理演算のパネルを重ねてやっつけます。
これはスピードが勝負。このスピードになれることで、論理演算が早くなるかも?!

 

2. 子どもの反応は?

こんなの子どもは嫌い?と思いきや…男子の反応は抜群!コンピューター好き男子はもうこのゲームに夢中です。
小学生はもちろん、幼児も理解できてないのに楽しいみたいです。なんとなく操作するだけで、ゲームできちゃう手軽さがいいんでしょうね。
 
ですが、無料版だとステージクリアしたあとの「30秒間の広告」がちょっと邪魔です。広告なしにするためには「プレミアムモード」¥360を購入する必要があります。
まずは、無料でお試ししてみて、子どもがハマるようならプレミアムモードを購入するといいと思います。
 

3. 論理演算はなんの役にたつ?

直接的にプログラミングの役には立たないかもしれませんが、コンピューターのしくみを知るきっかけになると思います。
論理演算とコンピューターの仕組みについてはこの記事がおすすめですー。
 

【5分で覚えるIT基礎の基礎】あなたは論理演算がわかりますか? 第2回:AND,OR,XOR,NOTの意味と使い方の総整理
【5分で覚えるIT基礎の基礎】あなたは論理演算がわかりますか? 第3回:論理演算で四則演算ができる
 
ざっくり言うと、論理演算を組み合わせると2進数の四則演算ができる、ということのようです。この辺りも、ちゃんと理解できるようになりたいですね。

 
という訳で、ゲームで遊んで楽しく論理演算が勉強できる「トライビットロジック」のご紹介でした。
ぜひご家庭でも遊んでみてくださいね。

▼トライビットロジック
https://www.himacs.jp/sp/app/trybit_logic/

伴野悠佳 / YUKA TOMONO
この記事の著者伴野悠佳 / YUKA TOMONO
教育ヲタクの1児の母。自称ニコニコキッズクリエーター。東京理科大学大学院卒。元SE。小学生の頃から教育書を読んでいた教育ヲタク。大学では、電池の素材の性質について実験とコンピューターシミュレーションを比較する研究を行っていたことがきっかけでSEになる。出産&育休後、子ども向けプログラミング教室講師、子どもたちの考える力を育てるオンライン塾の講師。