リバースエンジニアリングでメタ認知力をつける

前回の記事に関連して、少し実践的な内容について書いてみたいと思います。
 
▼「アプリを作れるプログラミング力」より大事なこと
http://i-learn.jp/article/4622
 

目次

1. リバースエンジニアリングしてみる

メタ認知力をつけるための実践的トレーニングとして、あるモノを”リバースエンジニアリング”してみる。という方法があります。
 
リバースエンジニアリングとは

リバースエンジニアリング(Reverse engineeringから。直訳すれば逆行工学という意味)とは、機械を分解したり、製品の動作を観察したり、ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図などの仕様やソースコードなどを調査することを指す。

Wikipediaより

 
プログラミングでいえば、ソースコードなどを逆解析することです。
このリバースエンジニアリングを、プログラミング以外のモノについてやってみるというトレーニングをするとメタ認知力がつきます。リバースエンジニアリングという言葉を、工業製品以外のものに使うのは適切ではないかもしれませんが、それに近い言葉がなかったので。(もっと、適切な言葉があればぜひ教えてください。)
 
たとえば、
 
「チラシ、看板」「WEBサイト」「ルール(法律)」「製品」など、世の中に存在する何かしらのモノについて
 ・なぜそれが誕生したのか?
 ・どうしてそのデザイン、ルールなのか?

 
さらにもう一歩踏み込むなら
 ・よりよくするためにどうしたらいいか?
 
などを、「モノ」を起点に逆に考えていくというトレーニングです。
 

2. 実際にやってみる

ここで、私が愛用している超撥水服ブランド「AYANOHAKURA」を例に、リバースエンジニアリングをしてみたいと思います。
 
▼AYANOHAKURA
https://ayanohakura.thebase.in/about

 

どうしてそのラインナップなのか?を考える

私は、基本的にパンツ派です。ですが、「AYANOHAKURA」ではパンツは販売していません。
どうしてパンツがないのか?という疑問が浮かびます。
どうしてなんでしょうか?
 
 
おそらくですが、「パンツ」はパラメーター(変数)が多すぎる、というのがその理由だと思います。ぴったりのサイズのパンツに出会うには、丈、ウエスト、ヒップ、ふとももの周りの太さ、ふくらはぎの部分の太さなど、考えなければいけない要素が多すぎるのです。
小さなブランドでは、こういった細かい要望に応えるのは、おそらく資金的に大変でしょう。そうなると、やはりパンツはラインナップから外さなければならないのです。
 
一方で、ラインナップに並んでいるもののデザインはとても秀逸です。
 
ラップドレス →体を包むデザインなので、どんな体型でも大丈夫。
 
▼第2子妊娠を発表した平愛梨さんも愛用のラップドレス

View this post on Instagram

「おめでとう」のお言葉に嬉しく温かな気持ちになります。 ありがとうございます。 日々成長する自分のカラダに責任感が強く、そして愛おしく感じます。 元気よく無事に生まれてきてくれることを願い対面できる日を心待ちです。 お義姉様のご友人から臨月まで着れるというワンピースを頂きました!! このお洋服は高い撥水性があり汗をかいても濡れませんし、日焼け止めなどがついても、表面を水で流せばすぐに落ちるのです‼︎ 忙しいママ達の負担を少しでも減らせるように! そして、洗濯回数を減らして、地球環境の負担を減らせるようにという想いからスタートされたブランドのようです☆ ほんとにシワにならないしバンビーノを抱っこしたりお膝に座らせながらご飯あげても全く気にならない! ぜひ♡ ママである方々にも知って頂きたいなーと思いました! #平愛梨#マタニティライフ#魔法のような#ワンピース#シミにならない#シワにならない#不思議#色違いもある#ayanohakura#いいものは#知らせたい#知りたい#皆さんの#オススメも#教えてもらいたい

平愛梨オフィシャルさん(@harikiri_tairi)がシェアした投稿 –


 

スカート  →背の高い人ならミモレ丈として、背の低い人ならロングスカートで履ける絶妙な丈

View this post on Instagram

Happy Valentine’s Day everyone!  愛の日にちなんで💕  ご好評頂いている赤のスカートは残すところSサイズが3着、Mサイズも残り4着となりました。  赤のラップドレスも残りわずかです。  スカートの再生産の予定はございませんので、どうぞこの機会をお見逃しなく。 今なら10%の割引中です🎉  Only few items are left! Don’t miss the chance with 10% off campaign.  #ayanohakura #wontgetwet #madeinjapan #noneedtowash  #濡れません #匂いもつきません #汗ジミもつきません #洗濯いりません #30代ファッション #40代ファッション #環境に優しい #エシカルファッション #ママの味方 #ママリ #outfit #valentinesday2019 #mamafashion #シンプルコーデ #大人カジュアル #ママコーデ #大人女子 #大人可愛い #今日のコーデ #今日のコーディネート #ホームパーティー #スカートコーデ

AYANOHAKURA Womenswearさん(@ayano_hakura)がシェアした投稿 –


 
と、いろいろな体型の人を幅広く網羅できるデザインになっています。このデザインとラインナップを本当に考え抜かれたんじゃないかと想像しています。
 

3. 自分の好きなものでリバースエンジニアリングを

今回は私のお気に入りのAYANOHAKURAを例に、リバースエンジニアリング風に考えてみました。やはり、好きなものを考えてみるというのは楽しいです。まずは身近なもの、好きなものからトレーニングしてみると
 
もちろん、プログラミングでも他の人の作ったものをリバースエンジニアリングしてみる、ということでもいいと思います。
ただ、プログラミングで何か作るだけでなく、別の人が作ったものを「どうしてそうなったのか?」を考えてみる、想像してみるということも、子供たちの考える力になるとおもいますし、プログラミング力も一段レベルんじゃないかと思います。
 
また、今のトレンドから未来予測をしてみるのも面白いと思います。
 
・シングルページのWEBサイトが流行っているのはなぜか?
・カードデザインのサイトが流行っているのはなぜか?
→それらは、今後どうなっていくか?
 
など。ぜひ子供たちと一緒に考えてみてくださいねー。

この記事を書いた人

目次